www.hansa-hostel.com

-

-

FXに関しては取引所取引という取引があります。いつもの外為(FX)会社と商売をとり行うという行動を「店頭取引」と呼びますが取引所を通さないで商いの目標はFX(外国為替証拠金取引)企業になるのです。「取引所取引」という場所はFX業者はあくまでも仲だちでありますので、直接のビジネスペアは取引所ということになるのです。この相違をここで少々比べていきましょう。「店頭取引」の折は委託しておる資金は外為(FX)業者に管理されています。「取引所取引」の場面、このお金は全ての額取引所にデポジットしなければいけないと義務づけられています。外国為替証拠金取引(FX)業者が破綻するなんていう問題があったとしても、取引所取引は取引所によって証拠金が全てのお金が保護してもらえることになります。店頭取引のケースは外国為替証拠金取引(FX)会社が調節しているので、場面によっては会社経営破たんのあおりに及び寄託していた証拠金はガードされないのかもという可能性があります。更に税金を考慮しても両者では取り決めに相違があります。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として労賃と合計で申告しなければなりません。ところが確定申告しないで良い際もあるとの事ですので自分に合致するのかしないのかじっくり確認をお願いします。万一貴方が勤め人で収入二千万円以下、給与所得他稼ぎが20万円以下(2.3の会社から給料の所得が無いということ)というようなのような基準を満たしているということであれば特別のケースというお話で確定申告は不要です。FXの収益が20万円以上の例は確定申告してください。税金の率は所得に即して5〜40%の6個の段階に組み分けされており収益が高いようであれば税も値上がりします。「取引所取引」では、収益があるのであればそれ以外の利益とは別として「申告分離課税」のターゲットとなるのです。税率は全て同じ20%となりますが仮に赤字が決まったなら「取引所取引」の得策として損分を翌年以降に先延ばしすることができます。上記から見ても、「取引所取引」の方が低いtaxになる事もあるので検討してみて考えた方が良いと思います。分けても不慣れな者の人ならば、JASDAQ株価の上がり下がりや円相場に日々気を配り、利潤やマイナス分にひやひやする事により、税金を支払わなければならないという事柄を忘れて放置になることもあるので注意しましょう。損金は困るのですが、稼ぎが高騰すれば税金も金額が増加するので注目と認識が肝要になってきます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.hansa-hostel.com All Rights Reserved.