明らかにならないように自己破産の申立てが不可能と

-

-

自己破産の申立てを実行したとしても公的な機関などから家族や親類にダイレクトに事実関係の報告などがなされるなどということは考えにくいと言えます。ポイントランド

なので、家族や親族には明らかにならないように自己破産の申立てが不可能とは申しません。ソルースジェル

ですが、実際には自己破産を申し込む時に公的機関から同じ屋根の下に住む両親や兄弟などの給与を証する書面や銀行の預金通帳の複写物といった書類資料の届出を有無をいわさず求められるようなこともありますし業者から近親者へ書類が送られるといったようなこともあり得ますから、家族や親類に事実が知れ渡らないように破産の申立てができるという100%の確証は得られないと考えられるのです。はっぴぃタイム

親族に隠してそれ以後に事実が知れ渡ってしまうことに比較すると、まず最初から誠実に真実を打ち明けてご家庭の方々全員が協力し合って自己破産を乗り切る方が安全と言えるでしょう。キッズアイランド

なお住む場所の異なる家族の人が自己破産申請を行ったことが明らかになってしまうというようなことは取り敢えずのところありえないといえます。ミレイズ

夫(妻)の支払義務を滅することを念頭に離縁することを検討する早まった夫婦もいらっしゃるとのことですが、そもそも夫婦ということであっても法的には保証人という身分でない限りにおいて法律上の支払い強制力は発生しないのです。松尾ジンギスカン

ただ、(連帯)保証人という立場を請け負っている時はたとえ離婚を実行しても民法上の責任は引き続き本人が負わなければいけないと言えるため法的な支払い義務があると考えられます。Remery(リメリー)

ゆえに、離婚を実行することで借りたお金の法律上の支払義務が失われるようなことはないのです。ミリオンキングダム

そして、借りた会社が自己破産申請者の家庭に支払の督促を行うといったこともありますが、連帯保証人又は保証人という立場になっていないのであれば親子間又は姉と妹というような家族の未返済金などの債務であっても当人以外の親族に法律上の支払に対する強制力はあり得ないのです。コトハコーヒー

実際は債権を持つ会社が法的な支払い義務を負っていない家庭の人にに対して請求を行うことは貸金業を規制する法律における金融庁の実務取り決めの中で禁止されており、支払い督促の仕方により貸金業関係の法律の支払催促のガイドラインに背くことにもなります。ジェイウェルドットコム

従って支払に対する強制力を持っていないにもかかわらず借りた人の家族が支払の請求不当に受けてしまった場合は金融会社に取立てを直ちにやめるよう通告する内容証明の書類を出すのが良いでしょう。

情けをかけて、借りた人その人がとてもかわいそうでならないからということで借りた本人を除く家族や親類が貸与されたお金を代理で請け負って返済するようなこともありますが借りた本人それに依存して持続的に借金を引き起こすことがあるのです。

なので、債務者本人の心情を思いやれば冷たいようですが借り手本人の力によって借入金を返済させるかそれが非現実的であれば自己破産申立てを行わせた方が借入者本人のこれからを全うするためには良いと思われます。


Site Menu

資格スクール 大栄 ソワン ラ・ファミーユ
Copyright © 2000 www.hansa-hostel.com All Rights Reserved.