この書類がない場合には使っている印鑑が実印として効力

-

-

自動車を買い取ってもらうとき、そして愛車の売却の時も印鑑証明書が必要になってきます。アイキララ 怪しい

それではこの印鑑証明に関して説明していきます。日本酒 化粧水

印鑑証明書とはある印鑑が実印として効力を持つということを保証するための公式な書類です。セサミンで肝臓の機能回復

この書類がない場合には使っている印鑑が実印として効力を持つかどうかが実証できません。老後 住まい

大金が動く取引になる中古車の売買なのでどうしても実印が必要ですがそれと同時に印鑑証明という書類が必要となるのです。子どもがいてもできる仕事

印鑑証明を交付してもらうためには印鑑証明をすることが必要です。ヒフミド

書類に登録するはんこは通称、実印といい、唯一無二の印である必要があります。レクサスct下取り相場

この印を準備して市役所などの担当部署へ出向けばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードを発行してもらえて印鑑登録手続きをしたハンコは実印になったということになります。

印鑑証明書を発行してもらうには役所の窓口へ出向き専用の書類に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを持って行くだけです。

他にも自動交付機を使って印鑑証明を発行することができます。

印鑑証明そのものには有効期限はありません。

そのため、いつ取得した印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は続くのです。

ただ、自動車買取の際は必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものである必要があります。

基本的には有効期限の定めはないのですが買取の際には相手側が期限を定めていますので所有車の買取を検討している場合は、買い取り前に準備しておくとよいでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.hansa-hostel.com All Rights Reserved.