利益がでるためには

-

-

どこにでもあるビギナー向けのFX投資の書籍では「マイナスになった時はナンピンで、ポジションの買い付けコストを抑える」等アドバイスしていたりする事もありますが、現実的にはナンピン買いには目に見えない危険性が待ち受けています。価格キャッシュバック

まず、ナンピン買いの方法について易しく説明しておこう。コンタックスT2買い取り

仮定として100円で1ドルを買ったとします。アクアデオ

ドル買いのため、円安ドル高になれば儲けが出るわけだが1ドル=95円までドル安に推移したとします。ヴィタクトバランシングウォータージェル 口コミ

その状態で維持し続けたとしたら、利益がでるためには、損した分ドル高に進む必要があります。チェックワンファスト

みんな、損失は可能な限り早くリカバリしたいと思います。ミリオンゲームDX

これを解決するためはじめに売買したのと同額分の$(ドル)を、1ドル=95円でエントリーします。

そうすると、ポジション全体の価格は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。

要するに、2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば赤字を回復できます。

こういったことがナンピンの手法です。

ナンピンのやり方を知ると「まちがいない」という風に思うが、外国為替市場は簡単には問屋を卸してくれない。

初めから、1ドル=95円が底値だということなど誰にも分かるわけがありません。

たとえば、外国為替市場が相当のドル安トレンドであるならば1ドル=95円ではとどまらず更に一段のドル安が進む可能性があります。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル95円まで円高ドル安になったら、ナンピンを入れた分についても為替差損が生まれることになってしまいます。

それでは、初めにエントリーしたドルと一緒にダブルで差損を被ることになります。

このように、ナンピン買いは難解です。

それでは、外国為替市場が己の筋書きとは別の方向に素早く進んでしまった場合、どういう術で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

こういう時には取れる方法は2つしかありません。

まずはじめは潔くあきらめて損切りをすること。

もうひとつは現在、持っているポジションを少なくしてもう一回マーケットが元のようになるのを黙って待つことだ。

ちょっと後ろ向きな術だとみる投資家もいるでしょう。

しかしながら、自分の買いポジションに差損が生まれた時危険の少ない対策はこの他にはありえません。

当然、ロジックとしてはナンピン買いを入れるという手段も有効です。

しかしながらナンピン買いは、あなたが損失を出しているにもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、買いポジションを買い増していく手段です。

この対策では、危険性をコントロールすることなど、とても無理だと考えたほうがいいです。

ナンピン買いをし続ければ最終的には損失が回復するかもしれません。

だけど、それ以前に資金が無くなってしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.hansa-hostel.com All Rights Reserved.