知っていて損なことはないはずです

-

-

フリーローンの返済内容はカード会社の方針に応じて随分相違というものがありまして多様なやりようがとられてます。レモンもつ鍋

基本的なところではスライド方式やリボ払い法などがとられているみたいです。八宅 風水

このようなほとんどの人がご存知のリボルディング払いですが実は計算方法にいろいな方法というものがあったりします。バイタルアンサー

そうしてそのよう種別に応じて返済トータルが違ってしまいますので、知っていて損なことはないはずです。クリアネオパール

ではやさしくこれらのメソッドのギャップについて説明します。

はじめは元金均等払いもう一つは元利均等払いというものです。

それぞれその名を冠する通り、元本を均等に払っていくというものと元本と金利に関して合わせて均等に返済していくという方式になります。

今回は10万円をキャッシングしたと仮定して、実際問題としてどのような算出をしていくのかやってみます。

利子に関しては両方とも15%と設定して算定します。

それからリボルディング払いに関しての支払を1万円として計算します。

取りあえず元金均等払いからです。

こんな折の初回の支払いについては1万円に対して金利分の1250円を計上した額となります。

2回目の引き落しは1万円に対して金利の1125円を加えた引き落とし額になります。

こういうようにして全部で10回にて支払を完了させるといった手法となります。

他方で元利均等払いは1回目の支払いに関しては1万円で元本へ8750円、利率へ1250円といったようにして分配するのです。

その次の返済に関しては元金が8750円へと減少した状態で利子を算出してその1万円からまた割り振るのです。

別のことばで言えば、元利均等払いの場合では10回で支払が終了しないといった算出になるのです。

こればかりの差異で二者がどのくらい変わっているのかということがご理解頂けたことかと思います。

元利均等とは元金均等と比べて、顕然と元金が減少するのが緩やかというような難といったものがあるのです。

言い換えれば利率というものを多く支出すると言うことになります。

一方で1回目の返済が些少な金額で落着するというメリットというものも存在するのです。

こうした支払形式に関してのずれにより返済トータルというのが異なってきたりしますので自分の返済計画に合致した使い方を採用するようにしていってください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.hansa-hostel.com All Rights Reserved.