問うという場合は多くありません

-

-

自動車の事故は自分だけで起こした自損事故と誰か他の人が関わった事故がございます。ビーグレン

自損事故の場面では、自分で事故の処理をしたら終わりますが自分以外が巻き添えになった交通事故は各々にどのくらい落ち度が存在したのかをチェックして、この状況によって故障した車の修理費や和解のお金などが決定しますので、自動車保険会社の担当者と一緒の話し合いが必要です。ボニック

大部分の自動車事故で相手だけでなく自分にも落ち度がある場面が大部分でどちらか一方の責任を問うという場合は多くありません。体を掻く(かく)猫の病気

言うまでも無く信号が赤でも進んでしまったり一時停止無視などによって起きた事故は多大なミスになりますが、被害者にも責任が指摘されます。総量規制対象外で即日融資ができるカードローン・キャッシング

自動車の事故の場面ではどの人の手落ちで起きたのかということがたいへん重要になってきますので、それをみんなに分かりやすく表した材料が「過失割合」(過失割合)になります。

仮定として、先ほどの赤信号無視や一時停止しなかったケースでは、交通法であれば相手方に全てのミスがあると考えますが、この状況で事故を起こした車が正面から来ていて目で見て確かめられたケースだと被害者でも注意不足であったとして10%ほどの過失があると判断されるかもしれません。

言うならばこの状況では相手9割、事故に巻き込まれた自分が1割割合となってしまい責任が大きいとそれなりのミスが問われるのです。

さらに交通事故の過失割合はそれ以前の車の事故の判例を基準に結論をだされる時が大いにあり、日弁連の交通事故相談センターから公にされている認定基準表となるものが参考として用いられています。

このような過失割合で、割り当てが大きければ過失言い換えると賠償しなければいけない額も大きくなる可能性が高いので交渉は本人同士だけでなく車の保険屋さんの係りの人を加えて冷静に調整することが不可欠です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.hansa-hostel.com All Rights Reserved.